山大弓道部の部活日誌です♪
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
御入学おめでとうございます🌸

春ですね。

医学科4年東原です。

 

新入生の皆さん、御入学おめでとうございます🌸

桜も咲き始め、これからの大学生活への期待を胸に、日々過ごされていることと思います。

新生活の準備でまだ落ち着かない中ではありますが、まもなく部活の勧誘が始まります。

弓道部も部活動見学を実施予定です。興味のある方は是非見学にいらしてください。

 

弓道と聞くと、武道系のお堅い感じがするかもしれませんが、意外と私たちの生活に身近な競技です。私たちが使っている言葉の中に、弓道由来の言葉があります。そのいくつかをご紹介しようと思います。

 

・かけがえのない

最も大切であり、他のもので代用が効かないことを表します。これは、弓具の一つである「かけ」に由来する言葉であると言われています。「かけ」は小鹿一頭から一つ分の革しか取れないことに加え、専門職人によって一人一人オーダーメイドで製作される大変貴重なものであるため、他人の物では代用がきかないことから、「かけがえのない」の語源とされているようです。

 

・手の内を読む

物事の事情や人の心などを推し量ることを表します。「手の内」とは弓の持ち手の形とその技術のことを指します。正しい手の内に整えることによって、弓にひねりを加え、弓の構造上右に矢が飛ぶのをまっすぐ飛ぶように修正することができます。そのため、戦国時代では、戦力に関わる重要な技術であり、極秘事項だったようです。このことから、「手の内を読む」の語源とされています。

 

・〜なはず

当然そうなるべき道理であることを表します。「はず(筈)」とは、矢羽側にある切り込みの付いたパーツのことです。この切り込みに弓の弦を固定することで、弦が外れず、矢を確実に飛ばすことができます。「筈がはまれば矢は飛ぶはず」が語源のようです。

 

・図星

人の指摘などが、まさにそのとおりであることを表します。「図星」とは星的の中心にある黒丸のことです。弓道では、この図星を狙うことから「狙いどころ、急所」という意味になり、指摘や思惑などが当たる意味でも「図星」という言葉が使われるようになりました。

 

他にも、「手薬煉を引いて待つ」「矢継ぎ早」「一矢報いる」などがあります。

最後に

 

弓道部に入ればきっと楽しいキャンパスライフが送れるはず

かけがえのない思い出をたくさん作ってくださいね。

 

部活動見学でお会いできるのを楽しみにしています。

 


 

Read more ...
| 19:49 | (59期) | comments(0) | - |
公式戦シーズンに向けて

 

医学科3年の小山田鈴葉です。
ついこの間自己開発期間に入ったと思ったらもう2月。時間が過ぎるのはあっという間ですね。
日記投稿締め切りまでまだ余裕があると思っていたらもう12日オーバー。
反省の意を込め、ポエミーな文を心がけるのでどうか許して下さい。

さて今はオフ期間ですが、弓を引いていると、オフ最高、ずっとオフでいい(?)という気持ちになります。
オフの最大のメリットは射の改造を行えることだと思います。改造後に確保できる練習量の多さも、オフならではです。
弓道では一部射が改善されたとしても、今までとのバランスがとれていなければ的中が下がることがあります。
特に自分の場合は、

1箇所変える⇒的中下がる⇒他に変える所探す⇒更に1,2箇所変える⇒練習(定着、精度を上げる)⇒的中戻る⇒的中上がる?

というように、「ここを変えて的中を上げたい」という試みが達成されるまでに時間がかかることが多かったです。
オフ前はしょうもない的中であっても下がることが嫌で、中々大胆な改造が出来ませんでした。
が、今はオフなので、開き直って的中を捨てて改造中です。
左肩と手の内、引き分け初動の勝手、それから大三以降の体。これらの納得のいく改造をして、自信の持てるオフ明けにしたいです。

また、オフになってからというわけではないのですが、入部してから今までのことを最近よく思い返します。
選考会や大会でのこと、班会、個人的な飲みなど、思い返せばこれまで多くの先輩方にとてもお世話になりました。
射の面でもそうですし、練習への取り組み方、幹部や女将としての心構え、自分のほぼ全ては先輩方によって作られたと言っても過言ではないぐらい、これまで影響を受けてきたと思います。

そんな先輩方のような“先輩”にはなれていませんが、貰った沢山のものを少しでも次に伝えられるよう頑張っていきたいと思います。

まずは残り少なくなってきた幹部を、最後まで躊躇せず、やりたいようにやっていきます(笑)

次は2月担当の垰口さん、よろしくお願いしまth。
 

| 15:44 | (59期) | comments(2) | - |
ふりかえり・2019

実家でニートライフを満喫しすぎて12月担当ながら更新が遅くなってしまいました... 59期副将兼外務のimzです。

今は紅白を見ながらごろごろしてます。センターも再試も控えない年越しはいいですね(何かを思い出しながら)

 

何を書こうか迷ったので、とりあえずは自分の2019年をダイジェストで振り返ってみました

 

1月 再試沼でもがく。

2月 再試を全て消化、自主練にもようやく気兼ねなくいけるように。

3月 進級決定¥(^o^)/ 

4月 ドキドキの新歓。保健もたくさん入ってくれ安堵。九山選考会。箸にも棒にもかからず。

5月 元号が変わり令和に。バイト、基盤系の勉強なんかをしていた気が。

6月 山大主幹の中四。なんとか団体で引けるようになるも4中しかできず凹む。

7月 6月に引くことのできなかった反動で西医選考会へ向け引きまくり、なんとか6番手ですべりこむ。

8月 西医with台風

9月 オフ明け、新体制でスタート。色々手探り。

10月 産山。試合初皆中、初最多的。

11月 五校戦。自分の射の悪いところが滲み出てしまう.. 自己開でダークサイドに堕ちる。

12月 1年生の審査。全員合格ヨカタ\(^o^)/

 

1年を振り返って西医と、幹部になったことは大きなイベントでした。

 

 中四で団体戦デビューを果たすも良いところを見せるどころか足を引っ張ってしまった自分としては西医でもレギュラーに入り汚名返上を果たしたいという思いがありました(そもそも西医の団体で引きたいという思いは1年のときからありました)が、選考会直前から選考会までの自分の的中は奮わずギリギリ4割くらいの的中で滑りこむ形になり、そこから気持ち復調したくらいの感じで西医に臨みました。

 1立目は大舞台に緊張しつつもなんとか2中。2立目は少し落ちついて2中。3立目、1本目×、2本目×、3本目×、中四のときの自分が頭をよぎり、歯を食いしばりながら4本目を引き、自分の中でも無茶苦茶な射ではありましたが押し手と気合でなんとかロスを免れ、1日目を終えることができました。続く2日目は自分としてはやれることはやったというかんじでした。

 今年の西医は先輩に追随して当てればいいというくらいの気持ちで引かせてもらえましたが、来年は自分たち幹部が先導して当てていかないといけないのでこれからは押し手と気合いで当てることに加え、甘い抜き方をしないようにしようと強く思うのです。

 

 また、自分たち59期が入部したとき幹部であった6年生の先輩方の引退も自分にとって大きな出来事でした。A藤先輩には入部当初右も左もわからない中基礎を叩きこんでもらいました。S村先輩のいる飲み会は楽しかったです笑 S見先輩には中四から西医の巻藁まで本当にお世話になりました。

 西医打ち上げの場でA藤先輩が触れてくださってましたが、西医前最後の団練後に個人的に6年男子の先輩方と勝負をしてもらったのですが、あの時間は本当に楽しかったです。(本当は勝ちたかったですが...)思い出は語り尽くせないほどありますが、このくらいに。とにかく今までありがとうございました。国試まであと少し頑張ってください٩( 'ω' )و

 

書きたいことを書いたらまとまりがなくなってしまいましたが、2020年の自分の豊富を述べて〆とさせてもらいます。

 

1.形状記憶合金メンタル

2.当てる副将イズムを受け継ぐ

3.楽しんで引く

 

それではみなさんよいお年を。 

| 21:34 | (59期) | comments(0) | - |
初段審査の壁

JUGEMテーマ:日記・一般

お久しぶりの更新になります。沼田です。何を書くか少し迷いましたが、審査と練習について書こうかなと思います。

自分が弓道が楽しくなったのは初段審査を乗り越えてからでした。最初そこそこやっておけばいいやと思って部活をしていました。しかし、秋口の審査前の段階で跪坐はできない、滑走はする、顔は払うという状況でした。このままでは落ちて3月審査にかかってしまうと、危機感を覚えました。この対策として、自分は自発的に本学で練習し、夜も残って練習するようになりました。知らぬ道場、よく分からないルール、一向に上手くならず同期で一番練習しても一番下手な現実、とてもじゃないですが楽しいとかそんな余裕はなくて、日々辛かったことを覚えています。よく冷える冬の本学の道場は寒さが払ったところにジンジンと響き、その上僕以外全員先輩の中で道場を閉めるまで引くというのは孤独で「なんでこんなことやってるんだろうか」と自問自答したことを覚えています。それでも、逃げずにやってみよう、何事もやらねばならぬ、と思っていると12月入ったくらいでなんとか安土に飛ばせるようになって12月で合格することができるようになりました。

この経験は僕の弓道における初めての壁、そして自発的な対策、そして成功体験でした。この過程で自分は弓道をするために道場に行くという習慣と、一緒に練習してくれる友人、応援してくれる先輩、そして頑張れば上手くなるんだという経験、これらをすべて得ることができたのが初段審査でした。そして、そのまま1,2,3月、宇部に引っ越してからも自主練をする習慣を身に着けることができました。安土に飛ぶようになれば徐々に的にまとまるようになり、練習の成果が感じられるようになると嬉しくなってさらに練習するようになり…あとはずっとその繰り返しでした。半矢に届くまで自分はかなり時間がかかってしまいましたが、3段にも合格し、入部した当初では想像できないくらいにうまくなりました。

正直、他の人や後輩に自分と同じような初段審査の壁を越えてほしいとは思いません。そもそもあんな負担を誰にも感じてほしくないです。それに、自分は幸いにも乗り越えることができましたが、普通に嫌になってしまう未来も十分あり得ました。しかし、なぁなぁにしてきた弓道に初めて真摯に取り組み、弓道の楽しさを見出し始めたことは事実です。大事なことは何もそんなきつい環境だけが真摯に取り組む条件ではないということです。今審査練習を頑張ってくれている1年生の皆さんも各々に辛いものがあるとは思いますが、それらはいずれ自分の大事な体験になるかと思います。皆さんは真摯に取り組んでくれていると思います。もしここでまだ楽しいことが見つからなかったとしても、的中やさらなる昇段など成長の余地はままあります。そこで真摯に取り組む中で好きなことや楽しいことが見えてくることを願ってやみません。自分でよければいくらでも力になるので、的中や体配、審査などなど真摯に取り組みあなたにとって楽しい弓道を見つけてみてください。真摯に取り組み作り上げた射ならば的中も体配も必ず良いものになるはずです。よい的中が出れば試合にも出られるようになりまた別種の楽しさを見出せるようになるはずです。どこまでもうまくなれるはずの自分を信じて練習してください。

| 23:25 | (59期) | comments(3) | trackbacks(0) |
自分語り

こんにちは。検査3年の藤井といいます。プレ西医お疲れ様でした!

この時期は西医、西看が近づいてきてとてもソワソワします。自分としては現役最後の試合で、「なにか結果を残さないと!」という気持ちでいっぱいです。今日はそのことについて自分語りをしたいなと思うので、とても暇な人だけ読んでください。

 

自分が弓道を始めたきっかけは、うぇるめでぃでした。そこにいた高校の先輩であるY野先輩を偶然見つけ、挨拶しに弓道部のブースに行ったことでした。新歓では「中村先輩や矢野先輩みたいになります。」といったことを覚えています。そして向かえた1年の西看、引退される当時の3年生に「先輩たちみたいになりたいです」と泣きながら?いった気がします。そして向かえた2年の西看!「先輩たちみたいになって、来年優勝します」と泣きながら言っていました。でもその後ホテルに帰ったあと、入部して今まで全然成長できていないことに気づきました。めちゃくちゃ悔しかったです。じゃあ、今年の西看では「先輩たちみたいになりたかった」と泣きながら言うのかな?とか考えると少し泣けてきます。その終わり方は指導してくださった先輩方にも申し訳ないですし、何より自分が3年間弓道を続けてきた意味を見つけなければいけないなと思いました。自分はほかの人と比べると弓道そのものに対する熱意というか意欲はあまり高くないです。しかし弓道や弓道部から多くのことを学びました。その借りを返すことは到底できないとは思いますが、少しでも次につなげていければなと思います。

 

 

最後に、最近見た「ウォールフラワー」という映画を紹介したいと思います。一言でいうとthe青春映画です。その中で印象に残ったシーンを紹介します。(完全に受け売りなのでご了承ください)

 

「どうして優しい人は間違った相手を選ぶのだろうか?」

「それは自分に見合うと思うからだ」

 

自分なんてと思うことによって自らの価値を落としている。無限に生きられるはずなのに、、、すべては自分次第ということだ!

 

この映画は多くを語るよりも見てもらったほうがいいと思うのでこれくらいにしようかなと

自分に自信のない自分だからこそ、この映画がここまで心に残ったのかなと思います。説明が苦手で、すみません、ぜひ見てみてください!

 

 

本当に最後に、文章を書くのが苦手な上に久々ということもあり、読みづらい点も多々あったと思いますが、読んでくださりありがとうございました。良い結果がご報告できるように頑張ります!

 

 

 

 

 

| 16:15 | (59期) | comments(0) | trackbacks(0) |
あの1本

日記の担当ではないのですが思ったことを書かせてもらいます。医学科3年の今津です。

 

この度、6/28-6/30まで、山大主幹での中四が開催され、無事に終えることができました。幹部の先輩、同期をはじめ、OB・OGの先輩、先生、工学部など関わってくださった方々、お疲れさまでした。

 

 

 

今回の中四は時間がとれないことなどから男女とも選考会を行わずにレギュラーを決定するという、通常とは違う形で団体戦メンバーの決定がなされ、男子は大会の3日前にI出主将から伝えられました。その時点での的中が悪くなかったこともあり、自分はレギュラーとして入部以来初めて団体戦の立で弓を引けることになりました。内心飛び上がるほどうれしく、時間の許す限り弓を引き、団体戦で貢献するとまではいかなくても足を引っ張らない程度の的中を出したいと思っていました。

 

そうして迎えた中四当日。1立目、1中。2立目、2中と登り調子で、次は半矢以上を狙いたいと思っていたのですが、結果は残念。自分から言わずとも交代させられるだろうと思ってかなり落ち込んでいたのですが、I手先輩の判断でもう一立引けることになり、今度こそ良い的中を出し、先輩の判断が間違っていなかったことを証明したいと思い意気込んで挑んだ4立目。4本の矢は的の近くには飛んだものの快音は響くことはありませんでした。さすがに堪えました。今度は自分からI手先輩に控えを出してほしいと言う旨を伝えましたが先輩からは「まだ引きたいという気持ちがあってかつ1本でも次で中てられるのなら今後のことを考えて使ってもいい」と伝えられました。

 

 このとき自分の胸中には「確率論を抜きにしてもう中たる気がしない」「これ以上チームの足を引っ張りたくない」「引くのをやめて控えに任せてしまいたい」「やっぱり最後まで引き切りたい」「2つのロスを挽回したい」という思いが渦巻いており答えを出すのに時間を要しました。そうした思いを集約した結果なのか、気づいたときには「引きたいです」と、思いが自然に声として出ていました。3立目のロスの後とは違い、まぎれもなく自分の意志で出した答えでした。

 

 迎えた運命の5立目。中ててやるという思いはこれまで自分が経験したのどの立よりも強かったはずでした。しかし、1本目、。2本目、。3本目、。矢はどれも的をわずかに避けてあたることがなく、4本目を迎えてしまいました。それでもあきらめの気持ちはなく無心で引いた4本目。離してから、コンマ数秒、久々に快音を聞くことができ、「今日の苦しみのすべてが報われた」と感じました。あの1本は的前に立ち始めて2年、初めての的中、昨年の西医の二次予選の4本目のいずれにも勝って心に残る1本でした。

 

 

 

今回の中四では、結果としては団体戦で4中しかできず、足を引っ張ってしまいました。しかし、幹部となるのを前に、団体戦で引くこと、あきらめないことの大切さなどを身をもって学ぶことができました。それもあの5立目を自分で引くことができなければ決して得られなかったと考えています。最後まで自分で引く機会をくれたI出先輩、それを容認してくれた団体メンバーの先輩方、応援してくれた方々には頭が上がりません。この場を借りてお礼をさせてください。本当にありがとうございました。今回引かせてもらった20本を決して無駄にしないよう、強くなってまた団体戦でレギュラーとして引けるよう、精進します。

| 16:16 | (59期) | comments(2) | trackbacks(0) |
まもなく梅雨入り

はじめまして。

医学科3年の東原と申します。

山口県もまもなく梅雨入りです。この時期自転車勢の私は、道場までの距離が心做しか遠く感じられます。

 

今月末は中国・四国大会が開催されます。私は、九州・山口大会前にスランプに陥りました。次の大会に備えて、自分の射を見直すためにも、今回は弓道(特に心理的要素)について改めて考えてみようと思います。

どのスポーツでも精神的要素は大きく影響しますが、弓道は特にメンタル面が大きな比重を占めると言われています。”2つのW2つのCが大切なのだそうです。(高法2002『みんなの弓道』p137,138

 

2つのWWill to Win

成功の第一はやる気。ただ楽しいだけではダメ。目標実行

2つのCConcentrationConfidence

集中力(Concentration

一本一本、的中にすべてを集中する。

集中力を妨げる精神的要素の例

・勝利勝つかもしれない緊張

・当て気中てなくては焦り

・精神的動揺忘れ物をしない。

自信(Confidence

自信を持つためには練習量が必要。自分はこれだけやったという気持ちが自信につながる。

 

また、弓道は技術の向上ばかりではなく、弓道を通じて心豊かな生活を手に入れられるスポーツなのだそうです。(高法2002『みんなの弓道』p136)部活の前後にはなぜ神前礼拝をするのでしょうか?これは、武道の「礼に始まり、礼に終わる」という考え方が弓道にもあるためです。つまり、体配などの所作を重んじ、また感謝の気持ちを忘れないことなのだと私は考えます。的に中ることはありがたいことだという話を聞いたことがあります。私はこのお話を聞いた時、中らなくてイライラしていた心がとても軽くなりました。「感謝の気持ち」が「豊かな心」に通ずるのではないかと私は考えています。

今回弓道について改めて考え、神前礼拝や体配をはじめ、「弓道の考え方」を大切にしたいと強く思いました。スランプに陥らなければ、弓道についてこんなに考えることもなかったので、スランプにちょっぴり感謝です。

 

最後に、私は弓道が好きです。そして、弓道で達成したい目標があります。私は私用のためしばらく弓道を離れますが、戻ってきてからも、自分の納得のいくまで弓を引きたいです。まもなく幹部交代もあります。同期の皆さん、忙しい時期に部活に参加できなくなるにもかかわらず、気持ちよく私を送り出してくれて本当にありがとう。お土産買ってきます。

| 08:12 | (59期) | comments(0) | trackbacks(0) |
¥令和/

初めまして、医学科3年の仲村です。

本当は4月担当だったのですが、九山と残りのGWで完全に忘れていて、気がついたら5月になり「令和」という新しい元号になっていました💦

ですが、令和初の日記を書けることは少し特別な気がしますね〜

 

今回は私のGWについて書きたいと思います('ω')ノ

 

まず、前半は九山が佐賀大学主管でありました。

今回の九山では

(団体)コメディカル2位、女子3位、男子4位

(個人)男子3位 石岡先輩、女子4位 垰口

と団体、個人ともに入賞ということで応援していてとても感動しました( ;∀;)

特にコメディカルでは1年生がレギュラーとして出たり、途中交代した田中や保健主将の櫛部が奮闘したりととても熱い戦いでした🔥

 

話は変わりますが、私は今回の九山で「落」へのあこがれを抱きました。

特に佐賀大学と熊本大学の落の方々はとても充実した会があり、それでもってブレない矢所で、早気の私にとってとても痺れる射でした。私も充実した深い会から離れが出るようになれるよう練習に励みたいと思います!

 

最後に、後半はと言いますとリヴィエール会がありました✨(リヴィエール会と言いましても、周辺住民の方々の方が多かったのですがw)

石田家で餃子を100個以上作りおいしい日本酒を飲みながらゲームをしてとても楽しかったです!

リヴィエール会は参加者を募集しておりますので、気になっている方はぜひ声をかけてください〜('ω')

 

 

次は5月担当の方よろしくお願いいたします!

 

 

| 09:51 | (59期) | comments(0) | trackbacks(0) |
九山中

3年の田中です。絶賛九山中です。

日記の当番になっていたことを完全に忘れてて、ホテルで頑張って書きました。。

 

九山みたいな大きな試合ではいつも思うんですが、射詰とか遠近とか、最後の最後で、みんなが注目してるような場面で、堂々と引いてかつその状況で中てられる人ってすごいなぁと、かっこいいなぁと思います。緊張してるんだろうけど、それが感じられなくて、自分の射が出来ていて、本当に羨ましく思います。自分はどんな試合でも緊張して震えが止まらなくなるし、いつも通りには引けなくなるのに、どうやったらそんなに落ち着いて引けるんだろうといつも疑問に思います。たまに、緊張を落ち着かせるために観客はジャガイモだと思い込めと言われますが、どう頑張ってもジャガイモには見えないですし、見えたとしてもそれで緊張がほぐれたら苦労はしないですよね。そもそも、緊張するのが全部観客のせいというわけでもないので、自分にとってこの方法はあまり効果がありません。。試合慣れっていうのもあるのかもしれませんが、精神面で強い人はすごく憧れます。自分にも試合で緊張せずに引ける日が来るのでしょうか。緊張してても普段通りの射が出来るくらいにはなりたいです。緊張に左右されるのではなく、緊張をコントロールできるようになりたいです。

 

とはいっても、射はまだまだですし、もっと頑張らないといけないことは他にもあるので、これから中四やコメ戦、西看と大きな試合が待ってますが、悔いの残らないようやりきりたいと思います。

 

最後に最近、どうしても落ち込んで仕方がないときによく聴いている曲を紹介します。BTSのtomorrowです。とある小さな山田さんにこの曲を教えてもらったのですが、一瞬で好きになりました。暇なときにでもぜひ、韓国語なので訳付きで聴いてみてください。

 

少し短いような気もしますが、これ以上書くと集合時間に間に合わないのでこの辺で終わりたいと思います。

では次の方よろしくお願いします。

| 07:42 | (59期) | comments(1) | trackbacks(0) |
『最近食べた奇妙なもの』

医学科2年の小山田です。

現在再試カウンタ―が7か8?

年明けの再試を自信を持って回収できるようにお正月はオベンツオをしてすごす予定です。


今年も残り10時間となり、振り返るとあっという間でした。

年が明けて旅行に行き、3月に宇部に引っ越してからはO先輩のおかげで道場に行くのが習慣になり・・・・途中足を折りつつも部活の行事を追いかけていたら今日になりました。細かく振り返ってみても、あの時は押手がどうとかで悩んでいたなとか、そんなことしか思い出せないくらい弓道のことばかり考えていた気がします。


本当に1年間があっという間でした。今年の変化というと、部活に対する考え方が大きいです。

2年生になって宇部で弓を引いて、弓道は難しいと思うようになりました。

少なくとも、努力嫌いでなんとなくの感覚に頼ってしかスポーツをしたことがない自分にとっては、難しい競技でした。


結果を焦りがちなわりに、肝心な所で適当ですし、最近は立になると緊張もしますし・・・考えれば考える程、向いてないのでは??と思うこともあります。こういうことを書くととてもネガティブになってそうですが、だからといってどうということはない、という所に毎回落ち着いています。


意味のある練習をゴリゴリすれば、必ず望む当りがだせるようになるはずです。結果がでない∵量も質も足りていない。難しいとはいってもその原因はシンプルです。細かく考えるのは射のことだけにして、4本持って全部望む当りが出たらそれ皆中では?ぐらいの気持ちでグイグイ弓を引きたいと思います。


〜(字数が少ないので)最近食べたもの〜

昨日はナマコの煮物を食べました。スライスされていたので大きさはお寿司の上に乗ってる貝ぐらいです。食感は完全に硬めのゼラチンでした。

味は中華スープっぽかったですけどそれは完全にあんの味ですね。まずくはない・・・まずくはないけど・・・という感じでした。

最後に懺悔の一首(食レポ)を添えて終わりたいと思います。


うみねずみ やつまでたべた せんぞたち


怒涛の連続更新申し訳ありません。次は1月担当の方、よろしくお願いします。

| 17:07 | (59期) | comments(0) | trackbacks(0) |