山大弓道部の部活日誌です♪
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最後のおつとめ(1)

こんばんわ、先月卒業したての増田です。しれっと初投稿です。

「おいおい〜、同期はみんな4年前に書いてますよ〜、まさか、、、一回も書かずにトンズラするつもりだったんじゃ、、、」

まあ当然逃げきれるはずもなく、最後にツケを払うことに。(みなさんお猿さん行為はほどほどに!)

 

日記の内容も今更なんですが、

3月上旬に北海道に同期男子で行ってきたのでその様子を紹介していこうと思います。(内容は超薄味です、ご容赦ください)

3回ぐらいに分けてアップしていく予定です。

 

〜1日目〜

新千歳空港に降り立った一同は海鮮丼を求めて小樽へ上陸。

「うぉっ、寒っ!、白っ!{{ (>_<) }}」、あまりの寒さと雪に圧倒&大興奮の面々。

歩道は雪が盛り上がってもう道と道の境目もよくわからない感じになっちゃってます。そして滑る滑る!

 

慣れない雪道に悪戦苦闘しながらなんとか目的の店へ。

「中あったか〜い(*´∀`)ノ」

外の寒さとは対照的に室内は暑いぐらい、店員さんはなんと半袖!

 

そしてお待ちかねの海鮮丼、迫力満点です!味も申し分なし!今まで食べていた海鮮丼はいったいなんだったのか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道の海の幸を堪能した後は、小樽の街をお散歩です。綺麗な町並みを眺めながら運河周辺をひたすら歩き続ける。

夜に来たらもっと綺麗なんでしょう!

 

                 →小樽運河の橋から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      ←橋の上で記念撮影!(背景がよく見えない笑)

 

 
 

 ←寒さで頭がやられたのか、白昼堂々奇行にはしるMさん。

 

 

 

            ↓そしてこの表情である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き疲れたので予定より少し早く小樽を離脱し、1日目の宿泊地札幌へ。

夕食までのわずかな時間を利用して時計台、テレビ塔、旧本庁舎を意地の高速周回、なんとか間に合いました。

 

   ←時計台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        テレビ塔→

 

 

 

 

夕食はサッポロビール園でジンギズカン、カニの食べ放題。

(食べるのに夢中で写真撮るの忘れてました。)

 

ここぞとばかりにジンギスカンとカニを連打するはしい&しんもつ、そのうらでデザートをひたすら連打するキドパイ(笑)。

おのおの満足のひと時でした。

 

そんなこんなで1日目は無事終了!

 

2日目へつづく・・・

| 22:09 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(0) | trackbacks(0) |
最後のおつとめ(2)

〜2日目〜

 

朝6時起床・・・、ねむい(。-_-。)

「市場で朝飯をたべたくないっすか」というキドパイの一声で隣駅の市場まで攻め込むことに。

 

滑る雪道もなんのその。期待に胸を膨らませひた進む一行。

増「そろそろつくはず」

木、新「めしや営業中ってでてる、あれじゃね?

・・・ん?シャッター閉まってる??」

営業中なのにシャッター閉まっているとはこれいかに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一同の目にとまる一枚の貼り紙・・・

「私用のため休業・・・だと、それは反則www」、まさか旅先で臨時休業を引くとは。

結局近くにもう一軒営業してたのでそちらで海鮮丼をいただいて事なきをえました。いや、危なかった。

 

 

 

札幌へ戻り2日目の午前は茨戸川でワカサギ釣りです。

 

途中から覚醒したイチローや釣り師キドパイらの奮闘もあり2時間で20匹ちょっととまずまずの戦果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワカサギ釣ってるはずなのに途中30cm超のヘラブナがhitするというトンデモ展開もあり一同大盛り上がりでした。

釣ったワカサギは天ぷらにして美味しくいただきました。

  ←ヘラブナ獲ったど〜!!

 

 

午後からは2日目の宿泊地定山渓へ移動、特にやることもないので安定の散策タイム突入(笑)。

 

                   →宿の窓から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ←かわいらしいカッパがお出迎え!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 なにやら見覚えのあるデスマスク笑→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

   ←怪しげな神社を発見!!

 

 

この日は温泉につかってのんびりと過ごしました。

 

3日目へ続く・・・

| 22:08 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(0) | trackbacks(0) |
最後のおつとめ(3)

〜3日目〜

 

最終3日目は札幌市郊外の森の中を駆け回りました。(一応目的はバードウォッチングだったんですが笑・・・)

最終日は写真多めで行きます。

 

 まずは雪道を爆走!!

 


 

                   記念撮影〜!→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ←coffee break!(雪を削ってテーブルを作りました。)

    勢いで鳥作っちゃいました!→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

    

     ←恒例のアレ(ターゲットはやはりこの男(笑))

 

 

 

 

 

 

 

最後にもいっちょ記念撮影!



 

最終日が一番体力削ったけど、童心にかえって思いっきり楽しめました!(やっぱ雪見たらテンション上がりますわ)

そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、2泊3日の北海道旅行は終わったのでした。

 

え〜、全然締まりませんがが、これで終わりにしたいと思います。

6年間いろいろありましたがなんといっても同期の存在が心の支えでした。みんなありがとう!

自分を含め新卒陣は今週から研修が始まっていると思いますが、みんな頑張っていきましょう!!

 

後輩のみんなもこれから試合シーズンに突入してますます大変だと思いますが自分を信じて頑張ってください!!

応援しています!!

 

 

| 22:07 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(2) | trackbacks(0) |
後輩の皆さんへ

後輩の皆さんへ

追いコンの席では時間が足りないので、皆さんに伝えたい事は日記に書きます。

 

 

単刀直入に

弓道を楽しんでください。

 

弓道を続けていると、勉強との兼ね合い、人間関係、幹部の仕事などなど、、、弓道とは関係ない事で悩むことがあるでしょう。そして、部活が嫌になってしまう事があるかもしれません。それでも、弓道を楽しむ気持ちを忘れないで下さい。

みなさんには、1人1人"忘れられない1本"というものがきっとあるはずです。初めての的中でもよし、試合中の1本でもよし。きっと純粋に、的中した事が嬉しかったのではないでしょうか。その時に感じたあの感覚です。その感覚を6年間または4年間大切にしてください。それさえあれば、みなさんは弓道"部"ではなくて、"弓道"部です。

 

 

そしてできれば

気持ちの面で、選手であり続けてください。

 

僕達がやっているのは学生弓道です。部員としてのあり方はもちろん人それぞれですが、最終的には試合で中てるために練習があるのです。その事実から、少なくとも幹部が終わるまでは目を背けないでください。今中ってなくても、いつか中ててやるという強い気持ちで練習してください。努力していれば、必ずチャンスは回ってきます。そのチャンスを、しっかり握って離さないようにできるか、それはみなさんの練習にかかっています。

なぜここまで言うかというと、年齢立場関係なく、純粋に本気で勝負ができるのは、僕達には大学の部活が最後の機会だと思うからです。みなさんには、ぜひ勝つ事の喜びを知ってほしい。そして、試合中の1本に泣いた、笑ったという経験をたくさんしてほしい。それが、部活で得られる1番大切な事だと思うのです。

 

 

堅苦しい言葉になってしまいましたが、まとめると

 

的中を追いかけて、本気で頑張ってください。その時は苦しいですが、努力したからこそ得られるものは必ずあります。その過程を楽しんでください!

 

 

皆さんの活躍を期待しています。            塩見

| 18:11 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます。 その3

今まで読んでくださってありがとうございました。
偉そうなことを書いてしまいましたが、僕は弓道ヘタですし、結果を残しているわけでもありません。
でも今年は勝ちたいです。
 
 
人が成長するためには、悔しさが必要だと思います。
中らないことを普通だと思ってしまうと、そこで成長は止まってしまいます。
もっと悔しがっていいんじゃないでしょうか?
もっと貪欲に、自分はできると信じて練習してもいいんじゃないでしょうか?
※ただし体配は大切です。
 
 
僕は4年になるまで団体戦に出られませんでした。
団体戦で活躍する先輩や同期、後輩の真剣なまなざしをずっと見ていました。
あの時感じた気持ちは、今でもずっと忘れません。
 
 
後輩のみなさん、今のオフ期間は実はとても大切な時期です。
ここで努力したことが、4月以降の試合シーズンに必ず生きてきます。
 
1年生のみなさんは、4月以降宇部で一緒に練習できるのを楽しみにしています。
2年生から本番みたいなもんですからね。
 
 
 
それではまた、道場で会いましょう!
塩見
 
| 22:25 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(2) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます。 その2


1、練習の的中

まず、練習で中らないチームが本番勝つことはふつうありません。

練習の的中を上げるためには、『まずは基本を大切に』これに尽きると思います。

僕はここで言う基本とは胴と縦だと思っています。矢を28メートル先に飛ばすわけですから、土台がしっかりしていることに越したことはありません。ここがしっかりしていれば半矢は必ず中ります。

しかし一方で、ここは指導をするときにとても難しい部分だと感じます。人によって体の使い方のイメージは異なりますし、言葉の使い方も多様です。僕も下手です。後輩のみなさんも悩む点だと思いますが、シンプルに考えるならば、「射の初めから終わりまで体の重心の位置が変わらず、体幹が動かないこと」をイメージするといいと思います。「体に軸を作る」と言われる方もいますね。

ここがある程度しっかりしていれば、例えば手の内を変える、肩の使い方を変える等、射を改善しようとするときにスムーズにいろいろ試せると思います。逆に土台が安定しないまま他を色々やろうとしてもムリです。

一般の方にも見て頂くのもいいと思います。山大には射を見て下さる顧問はいません。どうしても学生同士の指導となると限界があります。一般の方は、僕たちより多くの試合経験と弓道の知識、中る射を知っています。宇部市弓道場には上手い方がたくさんいらっしゃいますので、ぜひ教えを乞うべきです。

 

 

 

2、本番のための練習

試合の場で中らないと勝てません。

普段の練習と試合会場での1本は違うわけですから、ただ漫然と引き続けるだけでは本番に生きません。普段の練習でも、本番を意識した雰囲気で4本持って入るなり、部員誘って立をするなり準備の仕方はいろいろあります。なかなか場所がなくて難しいときもありますけどね。

 

 

 

3、チームの雰囲気

強いチームは、チーム全体で勝ちに来ています。勝つために遠征に来ているという感じです。みんなの目指すものが1つになっています。

もちろんこういう雰囲気を出せるのは、普段の練習や選考会で中っているからです。しかし、的中率が悪いまま遠征の日が来てしまったとしても、『勝てないかもしれない』とか『自分だけ中らなかったらどうしよう』などと考える必要はないと思います。考えてもいいことはないからです。

また、OBと幹部、そして若い世代がうまくかみ合ったチームは強い印象があります。若い世代が頑張るチームは勢いがあります。

 


 

 

何が言いたいかというとですね、、、

12年生のみなさん、これからの山大は皆さんの力が必要です!

 

 

続く。

| 08:10 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます。 その1

こんにちは。4年の塩見です。

だいぶ時間がたってしまいましたが、部員のみなさん年末年始はどう過ごされましたか?

僕は高校時代の友人たちと大晦日の夜から飲み、そのまま年が明けて忘年会と新年会が両方できました。

 

さて本題の弓道のことについて、、、

いきなりですが、昨年は本当に勝てませんでした。

医学科が振るわない一方、西看では同期や後輩が素晴らしい結果を残してくれました。

 

 

どうすれば勝てるか?

その前に、競技の面から見た弓道のことについて、僕の考えを書かせてください。

 

弓道はシンプルだと思います。

対人戦ではないので、常に行う動作は一定で構わず、むしろそうすることが競技において重要視されます。

団体戦においても結局は一人一人の20本に還元されるので、メンバー6(または3)はいかに自分のできることをするか、これが一番重要になります。

また、他のスポーツであるようなフィジカルの差によるハンデがあまり大きくないです。これは見えないようでとても重要な点だと思います。

総じて、競技の面から見れば弓道はいかに的に中てるかというとてもシンプルなスポーツであり、小柄な人や運動をあまりしてこなかった人でも活躍するチャンスのある非常に恵まれた競技だと思います。いい部活ですね。

 

ではどうすれば勝てるのでしょうか。

僕は、練習の的中、本番のための練習、チームの雰囲気、この3つが重要だと思います。

 

次の日記に続きます。

| 00:05 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(0) | trackbacks(0) |
どうも
どうも 看護4年新本です。
日記書かずに逃げて卒業する予定でしたが、怖いHP係に怒られて書かされるはめに・・・
何を書けばいいかもわかりませんが適当に書いてO野くんに丸投げすることにします。(´・ω・`)
 
終わってみれば早かった4年間。勉強なんかより部活を優先してきて、なんだか勉強のためより部活のために大学に入った感じです。(๑≧౪≦)てへ
大会では団体戦では結果は残せても結局個人では結果は残せなくてそれが心残りですね。でも最後の西看で団体準優勝したのと後輩のK本が個人優勝してくれたのでとてもよい思い出になりました。(*´ω`*)何も心配せずに卒業していけます。これからの保健学科にとても楽しみです。(^ω^)
でもやっぱり弓道楽しいですね。これはもうあれですね、弓道続けるしかありませんね、一般として。(`・ω・´) 仕事で死んでなければ(´・ω・`)
 
同期、先輩、後輩、全員いい人に恵まれて4年間最高の思い出になりました。この思い出を胸にこれからかんばっていこうと思います。(`・ω´)
 
仕事したくねぇよ〜(T ^ T) もっと遊びてぇよ〜(´・ω・`) ε=(・д・`*)ハァ…ニートになりたい
おっと心の声が(๑)てへぺろ
 
それではこのへんで
次は最後、まっすん( ̄― ̄)
よろ(  ̄▽ ̄)
| 13:09 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(0) | trackbacks(0) |
こんにちは
はじめまして、4年の増山です。
梅雨が始まり、雨が多いです>_< 明けると一気に夏になりますね!それまでに家のエアコン直ってほしい…
 
54期にバトンが渡されてもう3年です。こうやって考えると、時間がたつのって早いですね。同期たちに貫録が増したように思います。
2年生がバトンをちゃんとつないでいるのを見てすごいなと思います。遅くなって済みません(>_<) 4年も西医や西看までには全員回れたらいいな。あと2人!(/・ω・)/
 
 
さて、今年も1年生がたくさん入ってくれました。もう2カ月も経ってしまっているので今さらですが、入部してくれてありがとうございます!!1〜6年生まで合わせて60人で、かなりの大所帯となりました。部員が多くてとても楽しいです。今を耐えて頑張ると、夏には的に向かって射れるようになります。もうちょっとなので、がんばりましょう!
 
 
試合シーズンに入って、九山が終わりました。先輩・後輩もさることながら、同期も本当にすごくて、より応援に力が入りました!モチベーションも高くなりますね。私個人としては、九山に向けて少しずついい方向に持っていっていたのですが、試合でそれを発揮できずに悔しい思いをしました。九山について書きたいことを書いていくと長くなりそうなのでこの辺にします。やっぱり一言だけ、中四と西医で挽回します。
これから中四、西医、西看と試合が続いていきます。部全体で士気を高め合って、万全の状態で試合に臨みたいと思います。西医体優勝に向けてのことは、H井先生がいいこと書いてくれているので見て参考にしてみてください。
 
 
また、夏が過ぎると幹部を終え、新幹部となります。解放感満載です。後輩たちが、それぞれ真剣に部のことを考えており、とても頼もしい気持ちでいっぱいです。部をより良くするために、自分たちのやりたいことを思いっきりやって欲しいです。
 
 
では、あまり内容のない話で申し訳ありませんが、この辺にします。
最後に、まっすーとしんもってぃ、あとは任せました!二人ともおもしろい日記を書いてくれると期待しております!!(*’▽’) ポエムも書くのかな?笑 それも楽しみです!
 
ではでは、中四と西医、西看とよりいっそう気合を入れてがんばりましょう!
保健の子たちはコメ戦も頑張ってね!
 
P.S. 小野くん載せ方分からないのでお願いします(´・ω・)
| 16:08 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(0) | trackbacks(0) |
山キューウィンドブレイカー!!!
2014年 12月某日
 
ウインドブレイカー制作物語
 
11月某日より始まったウインドブレイカー制作、先日の幹部会にてようやくデザインが決定しました。
 
 
制作が始まった当初のデザインの一般公募では全然、だれもデザインを持ってきてくれないのでどうしようかと焦りましたが、
何とかなりそうな兆しが見えてきました。

できるだけ早く作り上げようと頑張りますが、良いものを作ろうとするとこれで完成と思っても、
まだ何か良くすることができるのではないかと考え遅くなってしまうので、
ひょっとすると、物が届くのは来年になってしまうかもしれません。

 
 
ウインドブレーカーには背中と左肩にロゴをつける予定でいます。
そして、肝心のウインドブレイカーの種類ですが、今のところDESCENTで型番DAT-3461でいこうと考えていますが、
在庫の都合上変更になる可能性もあります。

 
では、以降、某弓具店のブログを参考に決定したデザイン、没となったデザインを紹介していこうと思います。
 
 
 


 
兵庫県 Mさん 背中のロゴデザイン 最終決定
H井さんから強豪校のようなオーラが漂うデザインを依頼されたとのこと

H井コメント:“Yamaguchi Med Kyudo Club”という文字がはっきりくっきり浮き上がっていますね。
的が太陽のような形をとなっているところがかっこいいですね。強豪校のオーラがあふれています。

制作者の言葉:ただの的だとマンネリなので尖らせたった。(はい適当)
HP管理人さん(通称○nokun)の言葉:え、僕のコメントいるんですか?というか名前伏字しても読めるし。
えーと….
オサレですね。最初にこのデザインを見て思い浮かんだものはこれでした。














広島県 H井さん 背中のデザイン?  没案


H井さん:やはり、弓道と言えば、和風、和風と言えば漢字という安易な考えから生み出された一品。和と言えば輪ですよね。
"「取り懸け」によって結びついた左右両腕の形は、丸い輪形でなければならない。輪は和に通じ、これが和の初めである。" 宇野範士

HP管理人さんの言葉:またか....  そーですねぇ 和と輪をかけるという考えには脱帽でした。
シンプルながら自身の考えをよく表しているいい作品だと思います。なんかすんごい風船割りがしたくなります。




 
 兵庫県 Mさん 背中のロゴデザイン  没案


H井さん:両端の矢の羽を模した感じが弓道部らしさがにじみ出ています。これほどの作品を生み出すとは天下無双のイラストレーターですわ。
制作者の言葉:「はいはい、とりあえず的があればええんやろー」という風潮に毒されてますねー。もう道路標識にしか見えないですよ、これ。
HP管理人さんの言葉:コメントをするのはいいけどせめて順番を最後にしないでほしい。オチをつけれない。




 
兵庫県 Mさん 肩のロゴデザイン  最終決定






H井さんの言葉:向上無限という文字と矢と的のバランスがうまく調和がとれていますね。
山口大学医学部の伝統である向上無限の文字をうまく生かされており、山口大学医学部の歴史が感じ取れます。
的をどの文字にかぶせるかがポイントです。初期デザインで文字の縁取りが太すぎてステッカー感が出ていたのは秘密。

制作者の言葉:矢と的って、もうワンパターンでネタ切れ感が・・・。どっかの会社のステッカーにこんなのあった気がするなー
HP管理人さんの言葉:僕のコメントもネタ切れ感が出てきました。正直言うとこのデザインが一番好きだったり。
ただ僕も何度も見てると謹賀新年のイラストに見えてきました。あ、来年の年賀状このデザイン使おう。



 
 広島県 H井さん  胸のデザイン?  没案
イメージ




山口医

大 学

弓道部




H井さんの言葉:山口大学 医学部 弓道部という漢字をいかに見せると面白いかというのを研究した作品。
なんとこのデザイン縦横どのラインで読んでもある程度、文字が意味を成すという奇妙な作品。
ただし、真ん中の口道と意味が取れないのが残念。

HP管理人さんの言葉:最初このデザインを見せられた時は何を言ってるんだこいつって感じでしたね。
こういう表札作ってみます??







 
背中に向上無限という文字を入れ、向上無限と言えば、昇り竜、ワンチャン、背中に竜のデザインをいれ、
裏に虎のロゴを入れるという案もありました。(それただのスカジャンじゃね?)

 
まだまだ、いろいろな没案がありました。今回、紹介するのはこの辺にしておきましょう。







 
| 13:43 | 飲みたがりが集う(54期) | comments(3) | trackbacks(0) |