山大弓道部の部活日誌です♪
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
御入学おめでとうございます🌸

春ですね。

医学科4年東原です。

 

新入生の皆さん、御入学おめでとうございます🌸

桜も咲き始め、これからの大学生活への期待を胸に、日々過ごされていることと思います。

新生活の準備でまだ落ち着かない中ではありますが、まもなく部活の勧誘が始まります。

弓道部も部活動見学を実施予定です。興味のある方は是非見学にいらしてください。

 

弓道と聞くと、武道系のお堅い感じがするかもしれませんが、意外と私たちの生活に身近な競技です。私たちが使っている言葉の中に、弓道由来の言葉があります。そのいくつかをご紹介しようと思います。

 

・かけがえのない

最も大切であり、他のもので代用が効かないことを表します。これは、弓具の一つである「かけ」に由来する言葉であると言われています。「かけ」は小鹿一頭から一つ分の革しか取れないことに加え、専門職人によって一人一人オーダーメイドで製作される大変貴重なものであるため、他人の物では代用がきかないことから、「かけがえのない」の語源とされているようです。

 

・手の内を読む

物事の事情や人の心などを推し量ることを表します。「手の内」とは弓の持ち手の形とその技術のことを指します。正しい手の内に整えることによって、弓にひねりを加え、弓の構造上右に矢が飛ぶのをまっすぐ飛ぶように修正することができます。そのため、戦国時代では、戦力に関わる重要な技術であり、極秘事項だったようです。このことから、「手の内を読む」の語源とされています。

 

・〜なはず

当然そうなるべき道理であることを表します。「はず(筈)」とは、矢羽側にある切り込みの付いたパーツのことです。この切り込みに弓の弦を固定することで、弦が外れず、矢を確実に飛ばすことができます。「筈がはまれば矢は飛ぶはず」が語源のようです。

 

・図星

人の指摘などが、まさにそのとおりであることを表します。「図星」とは星的の中心にある黒丸のことです。弓道では、この図星を狙うことから「狙いどころ、急所」という意味になり、指摘や思惑などが当たる意味でも「図星」という言葉が使われるようになりました。

 

他にも、「手薬煉を引いて待つ」「矢継ぎ早」「一矢報いる」などがあります。

最後に

 

弓道部に入ればきっと楽しいキャンパスライフが送れるはず

かけがえのない思い出をたくさん作ってくださいね。

 

部活動見学でお会いできるのを楽しみにしています。

 


 

Read more ...
| 19:49 | (59期) | comments(0) | - |
公式戦シーズンに向けて

 

医学科3年の小山田鈴葉です。
ついこの間自己開発期間に入ったと思ったらもう2月。時間が過ぎるのはあっという間ですね。
日記投稿締め切りまでまだ余裕があると思っていたらもう12日オーバー。
反省の意を込め、ポエミーな文を心がけるのでどうか許して下さい。

さて今はオフ期間ですが、弓を引いていると、オフ最高、ずっとオフでいい(?)という気持ちになります。
オフの最大のメリットは射の改造を行えることだと思います。改造後に確保できる練習量の多さも、オフならではです。
弓道では一部射が改善されたとしても、今までとのバランスがとれていなければ的中が下がることがあります。
特に自分の場合は、

1箇所変える⇒的中下がる⇒他に変える所探す⇒更に1,2箇所変える⇒練習(定着、精度を上げる)⇒的中戻る⇒的中上がる?

というように、「ここを変えて的中を上げたい」という試みが達成されるまでに時間がかかることが多かったです。
オフ前はしょうもない的中であっても下がることが嫌で、中々大胆な改造が出来ませんでした。
が、今はオフなので、開き直って的中を捨てて改造中です。
左肩と手の内、引き分け初動の勝手、それから大三以降の体。これらの納得のいく改造をして、自信の持てるオフ明けにしたいです。

また、オフになってからというわけではないのですが、入部してから今までのことを最近よく思い返します。
選考会や大会でのこと、班会、個人的な飲みなど、思い返せばこれまで多くの先輩方にとてもお世話になりました。
射の面でもそうですし、練習への取り組み方、幹部や女将としての心構え、自分のほぼ全ては先輩方によって作られたと言っても過言ではないぐらい、これまで影響を受けてきたと思います。

そんな先輩方のような“先輩”にはなれていませんが、貰った沢山のものを少しでも次に伝えられるよう頑張っていきたいと思います。

まずは残り少なくなってきた幹部を、最後まで躊躇せず、やりたいようにやっていきます(笑)

次は2月担当の垰口さん、よろしくお願いしまth。
 

| 15:44 | (59期) | comments(2) | - |
お仲間募集しています

お久しぶりです。医学科二年の石田千賀と申します。

先日、もしかしたらポエムの刑なのではとお聞きし慌てて確認したところ、無事一月担当でまだ期限内でした!再試で頭がいっぱいで日記のことが頭からすっかり抜けていたため、もう少しで本当にポエムになるところでした…。教えてくださったI先輩、本当にありがとうございます!どこかの誰かのポエム、楽しみですね!

内容のない拙い文ですが、ご了承ください。

 

現在はオフ期間に入り、再試に追われていて道場になかなか行けない日々が続いています。

先日久しぶりに引いたら20本でバテバテになってしまい、情けなかったです。後2,3か月で新たに後輩も増えますので、オフ期間のうちにたくさん自主練して、幹部の方々を支えつつ後輩に適切な指導ができるよう力を身につけておきたいのですが…まずは進級できるようにお勉強を頑張ろうと思います…。

 

先日初めて射初会に参加しました。女性の皆様のお召し物が華やかで、参段に対するあこがれの気持ちが増幅しました。私は今のところ弐段でお腹いっぱいですが。参段審査は的中も関わってきて今まで以上に緊張するはずなのに、その中できちんと中てて合格されていると考えると、参段以上の方々は本番に強いのでしょうか、鋼のメンタルなのでしょうか。ますます尊敬いたします。審査といえば、一年生が全員審査にストレート合格しましたね。とてもおめでたいです。一年生の頑張りと先輩方のご指導の賜物だと思います。来年自分達も全員合格させてあげられるよう頑張らなければ、と思いつつもきちんとした指導ができるか不安です。来年指導ができるように時々礼射をして体配を身にしみ込ませようと思ったのですが、いざ道場に行くと一人では礼射しづらく。常日頃から体配を綺麗にしようと意識すればいいのかもしれませんし、月例会等で機会はいただいていますが、どなたかたまに一緒に礼射しませんか。礼射仲間、ゆるく募集しています。

そして礼射仲間と共に、『ロードオブザリング』について語り合う旅の仲間を探しています。今まではなんだかんだいたのですが、大学生になってから一人も見つかっていません。『ロードオブザリング』をご覧になったことのある方は石田までご一報ください。興味があるというだけでも十分です。誠心誠意布教させていただきます。観賞会しましょう。

 

短いですがこのあたりで切り上げようと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。最後になりますが、一月も残り一週間となり特に朝晩はますます冷え込んできたように思います。インフルエンザ等に罹って体調を崩されぬよう、皆様ご自愛ください。

 

次は我らが女将・小山田先輩(のはず)です。よろしくお願いします!

| 22:52 | (60期) | comments(0) | - |
2020年ですね


あけましておめでとうございます。2020年もよろしくお願いします。


こんにちは。はじめまして。1月担当、医学科1年の蝼川内です。ブログ書くのを忘れないうちに早めに書き上げることにしました。普段自分の好きな芸能人のブログを読み漁っているのに、自分がブログ書くとなると何を書けばいいか思い浮かばないものです…もともと読書感想文も深夜テンションでだらだら文字数を稼いだだけの文章をつくるタイプだったので、読みにくい文章になると思いますが広い心でお付き合いいただけると嬉しいです…


弓道部のブログなので弓道について書いてみようと思います。

先月中旬に審査を受け、とてもありがたいことに全員合格をいただきました!みんなおめでいたです!本当にありがとうございます。

大学に入ってから弓道を始め、自分なりには真剣に弓道に取り組んできました。しかし、私は上達がとても遅く、同じ初心者スタートの同期にどんどん置いていかれる日々でした。西医体の前も夏のオフ明けも、同期が遠的や巻藁や射場に進み、周囲からいなくなっていき、自分はゴム弓と素引きの繰り返しという状況が続いていました。先輩方の練習時間を削ってしまっているのに上達しないことが申し訳なく、また、真剣に取り組んでいるつもりなのに上達しない自分が情けなく、悔しく、不甲斐なく、焦りが募っていくばかりでした。焦ってもしかたないし、人と比べても意味がないとわかっていながらも、どうにもできず、もどかしかったです。結局西医体には出ることができず、そのときは落ち込みましたが、この経験を経て、自分の中で吹っ切れ、ゆっくりでいいからいつかうまくなりたいと思えるようになりました。


夏のオフ明け、練習を再開し、また西医体の前のように置いていかれ、産山にも出れないのかなと少し思いつつ練習し、初めて射場に入る、産山に出れるとなったときは、嬉しいよりも、正直、恐怖心や不安の方が大きかったです。そんなこんなで産山本番、初中りは突然すぎて、信じられませんでした。今なにが起きた?という感じで、頭の中は情報整理が追いつかず、気づいたら勝手に泣いていました(笑)矢つけのときだったので、先輩方が、まだ早い!と笑顔でおっしゃっていたのを覚えています。いろんな方が祝福してくださり、次第に実感がわいてきて、弓道って中ることあるんだ!と思いました(笑)


そんな喜びも束の間、産山の後は、腕を払いまくったせいで2週間休部しなければならなくなりました。正直とても悔しかったです。今までできなかった分、「今なら弓道できる。弓を引ける。」という思いに駆られ、時間が経てばすぐ消える痛みより、弓道をとってしまいました。腕は内出血がすごく、腫れてはいましたが、我慢できないほどの痛みではないので、自分では大丈夫だと思っていました。

あのとき、「病院に行きなさい。」と言ってくださった小山田先輩には、本当に感謝しています。行きなさいとまで言われなければ、私は大丈夫だと思い込み続け、結果的に長く休部しなければならなくなったかもしれません。本当にありがとうございました。休部中はいろいろな方が、心配してくださり、本当にありがたいなと思いました。優しさが本当に身に染みました…


部活に復帰したばかりで、見学のみだった五校戦では、男女共に優勝されました!おめでとうございます!こんなに上手な方々と一緒に部活できていることが誇らしく、私もいつかうまくなりたいと強く思い、とにかくまずは目の前の審査に受かろうと改めて思いました。

いざ審査練が始まると、自分の不器用さを日々実感させられ、射技も体配もひどかったように思います…審査前日の立ち練でもうまくゆかず、自信を喪失してしまいました。あの日、先輩方が遅くまで道場に残り、指導してくださったり、心の安定のためにおしゃべりに付き合ってくださったりしたおかげで、緊張が少しほぐれ、落ち込まず明日がんばろうと思えました。ありがとうございました!


そして審査当日、緊張はしていました。先輩方や本学の方が応援に来てくださったり、連絡をくださったりして、少し緊張がほぐれました。審査の立ちが始まると、今までずっと自信なさそうと言われてきたことを思い出し、今日くらい堂々としようと思えました。中りは気にせず、滑走せず的の近くに飛ぶように、と祈りながら引いていました。一本目、的の近くに飛び一安心、そして二本目、なぜか中り、驚きしかありませんでした。審査結果の発表はとても緊張しましたが、全員合格で、本当に嬉しかったです!今まで、西医体や五校戦に出れず、成長が遅かったので、やっと初めてみんなに追いつけたような気がして、本当に嬉しく、世界が輝いて見えました(笑)


思えば、新歓は熱を出して休み、西医のときは剥離骨折し、産山のときは腕を払いまくってドクターストップがかかり…部活に関してタイミングの悪い上に不器用で成長が遅い私に、ご自身の練習時間を削りずっとつきっきりで丁寧に指導してくださったり、話を聞いてくださり励ましてくださったりと、本当に感謝しています。ありがたいです。きちんとお礼を伝えるタイミングもなく過ごしているので、この場を借りて伝えさせていただきます。いつも本当にありがとうございます。ご迷惑をおかけしますがこれからもよろしくお願いします!


最近は本学の弓道部にお邪魔させてもらっています。本学の弓道部の方ともたくさん話せるようになり、嬉しい限りです!審査前から指導もしていただき、個人練のときはどなたか道場にいてくださり、本当に感謝です…ありがとうございます!あと1ヶ月ほどしか一緒に弓道できないのが寂しいですが、残り少ない期間もよろしくお願いします!


いざ書き始めるといろいろなことを思い出してしまい、長々としたまとまりのない文章になってしまいましたね…段落の間を一行あけずに一度投稿したら、読みにくすぎたので変更しました!変なところで段落変わってるかもしれませんすみません!最後まで読んでいただきありがとうございました


次はどなたかわかりませんが、担当の方よろしくお願いします!

| 01:17 | (61期) | comments(0) | - |
ふりかえり・2019

実家でニートライフを満喫しすぎて12月担当ながら更新が遅くなってしまいました... 59期副将兼外務のimzです。

今は紅白を見ながらごろごろしてます。センターも再試も控えない年越しはいいですね(何かを思い出しながら)

 

何を書こうか迷ったので、とりあえずは自分の2019年をダイジェストで振り返ってみました

 

1月 再試沼でもがく。

2月 再試を全て消化、自主練にもようやく気兼ねなくいけるように。

3月 進級決定¥(^o^)/ 

4月 ドキドキの新歓。保健もたくさん入ってくれ安堵。九山選考会。箸にも棒にもかからず。

5月 元号が変わり令和に。バイト、基盤系の勉強なんかをしていた気が。

6月 山大主幹の中四。なんとか団体で引けるようになるも4中しかできず凹む。

7月 6月に引くことのできなかった反動で西医選考会へ向け引きまくり、なんとか6番手ですべりこむ。

8月 西医with台風

9月 オフ明け、新体制でスタート。色々手探り。

10月 産山。試合初皆中、初最多的。

11月 五校戦。自分の射の悪いところが滲み出てしまう.. 自己開でダークサイドに堕ちる。

12月 1年生の審査。全員合格ヨカタ\(^o^)/

 

1年を振り返って西医と、幹部になったことは大きなイベントでした。

 

 中四で団体戦デビューを果たすも良いところを見せるどころか足を引っ張ってしまった自分としては西医でもレギュラーに入り汚名返上を果たしたいという思いがありました(そもそも西医の団体で引きたいという思いは1年のときからありました)が、選考会直前から選考会までの自分の的中は奮わずギリギリ4割くらいの的中で滑りこむ形になり、そこから気持ち復調したくらいの感じで西医に臨みました。

 1立目は大舞台に緊張しつつもなんとか2中。2立目は少し落ちついて2中。3立目、1本目×、2本目×、3本目×、中四のときの自分が頭をよぎり、歯を食いしばりながら4本目を引き、自分の中でも無茶苦茶な射ではありましたが押し手と気合でなんとかロスを免れ、1日目を終えることができました。続く2日目は自分としてはやれることはやったというかんじでした。

 今年の西医は先輩に追随して当てればいいというくらいの気持ちで引かせてもらえましたが、来年は自分たち幹部が先導して当てていかないといけないのでこれからは押し手と気合いで当てることに加え、甘い抜き方をしないようにしようと強く思うのです。

 

 また、自分たち59期が入部したとき幹部であった6年生の先輩方の引退も自分にとって大きな出来事でした。A藤先輩には入部当初右も左もわからない中基礎を叩きこんでもらいました。S村先輩のいる飲み会は楽しかったです笑 S見先輩には中四から西医の巻藁まで本当にお世話になりました。

 西医打ち上げの場でA藤先輩が触れてくださってましたが、西医前最後の団練後に個人的に6年男子の先輩方と勝負をしてもらったのですが、あの時間は本当に楽しかったです。(本当は勝ちたかったですが...)思い出は語り尽くせないほどありますが、このくらいに。とにかく今までありがとうございました。国試まであと少し頑張ってください٩( 'ω' )و

 

書きたいことを書いたらまとまりがなくなってしまいましたが、2020年の自分の豊富を述べて〆とさせてもらいます。

 

1.形状記憶合金メンタル

2.当てる副将イズムを受け継ぐ

3.楽しんで引く

 

それではみなさんよいお年を。 

| 21:34 | (59期) | comments(0) | - |